fc2ブログ
2024年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2022.09.03 (Sat)

街並み

エッセイ教室ー課題「駅に立つ」


もう十年以上も前だ。
母校の大学祭に、久しぶりにクラブ仲間と行った。

通い慣れていたはずの通学路は、
結婚してから住んでいる所からだと勝手が違って、
大学の最寄り駅に着いたのは集合時間ギリギリだった。

卒業してから二十数年。
同期の女子とは数年に一度ほど会っていたが、
先輩や男子の中には卒業以来の人もいた。
少し緊張しながら、集まっている塊に向かう。

「のんこ〜」
懐かしいあだ名で呼ばれると、一瞬で時が巻き戻る。
側から見ると、
あだ名で呼び合っている中年男女の集合体って異様だったと思うが、
当の本人達はすっかり若返って、
ハイテンションでバス乗り場に向かった。

駅前は、すっかり変わっていた。
地方都市の雑多な諸々がきれいさっぱり流された感じ。
二十年以上経ったのだもの。致し方ない。
車窓から外を眺めながらおしゃべりは尽きない。
バスは、思っていた感覚よりも随分と早く大学前のバス停に到着した。
数年前に、校舎が駅寄りの工場跡地に移転したのだ。
近代的に生まれ変わった大学を見上げる。
おしゃれな外観で素敵だなと思う。

でも、それだけだった。
想い出がないってことは、こう言うことなのだなと改めて思う。
とりあえず、後輩たちの出店を覗きに行く。
彼らの親世代の我ら。
息子や娘のような後輩たちを見て、一瞬で時が今に戻ってしまった。

せっかくだから、
大学のあった場所に寄ってみようということになった。
バスを二駅ほど乗る。
道は広く舗装されていて、みんなでよく通った喫茶店もなかった。
バス停から少し歩いた場所に、大学跡地の石碑が立っていた。
そのこぢんまりとした石に時を突きつけられようで、
みんなでしんみりしてしまった。

帰りは、ひとつ向こうの駅まで歩くことにした。
あの頃、お金の乏しかった私たちは、
住宅街を抜けて駅まで続く川べりの道をよく歩いた。
遠いあの日、
二十分ほど掛かる道のりで私たちは何を話していたのだろう。

住宅街の入り口で、思わず声が上がる。
変わっていないのである。
家々は建て替えられているのかもしれないが、
緑の多い街並みはそのままで、
近道で抜けていた公園は時が止まったままのようだった。
当時付き合っていた彼と、手を繋いで帰った道。
風の匂いがした。

駅に近づくと、みんなの顔がますます輝き出した。
普通電車しか停まらないその駅前は、一昔前の姿そのままだった。
潰れそうだった居酒屋もその風情のままで、
線路の向こうに見える大きなボーリングのピンのさびれ感も同じだ。

私たちは、明日からまた、ブックバンド抱えて大学に通う。
なんの違和感もなく。
街並みに魔法をかけられているようだった。





EDIT  |  19:02  |  生活  |  Top↑

2022.08.15 (Mon)

いいじゃないの幸せならば。

ブログが流行り出した頃、
文章が書くのが好きなわたしは
その流れに心地よく乗っかっていた。

今は、note が主流なんだろうか。
気にはなって、ページは作ってみた。
でも、作ったままで1ページも書けていない。
流行りに乗れなくなった自分がいる。

アンテナが随分と低くなってしまった。
データ更新も遅々と進まず、停滞気味だ。
でも、まあ、いいかっ、て思う。

そんな訳で、ここに書くパッションも停滞しているのだけれど、
ふと、思いつく。
最近、エッセイクラブに入会して、一月に一回課題を提出している。
そのエッセイをここに書こう!

プロの先生が見てくださるんだけど、
そのご指摘を受ける前の文章なら、ネットに載せても問題ないかな。


7月の課題です。
テーマは「いいじゃないの幸せならば」

「いいんじゃない?」

人生、いろんな人と出会う。
「一期一会」と言う素晴らしい言葉があるし、
瀬戸内寂聴さんは、
「人は、別れるために出会うんです」と、説いておられた。
生きていた長さに比例して、出会った人も増えた。
中には、その人の言動を理解できず、
一期の大切さを放棄したくなる人もいた。
自分のことはさておいて、自分の基準で囲っていたのかもしれないが。

わがままな振る舞いに遭遇するのも疲れるが、
一番やっかいなのがプライドっていうやつである。
プライドが高いとか低いとか、
ときには、ないなんて言われたりするが、
プライドの容量を測れるとしたら、
みんな等しいと思う。
要は、外への出し方なのである。

以前勤めていた職場にプライド全開の人がいた。
私と同じ主婦でパートであるが、
自分の経歴を自慢して語りたがる。
でも、その立派な経歴を本当に誇っているのかと言えば、
そうでもないのである。
進学した大学には、
浪人できなかったからの言い訳が、
就職した会社には、
一番早くに内定をもらったからの理由が付いていた。
現在に満足していない彼女は、
きっと過去にも満足していないのだろう。
未来はどうなのだろうか。
ある人は、いつも他人と比較して自分のプライドを維持していた。
彼女も、今に満足していない。

満足ができる状況は、そうそうあるものではないけれど、
満足をすることはできると思う。
それは、プライドを捨てて諦めることではないと思う。
認めて受け入れることだ。
そうは言っても、私もプライドの扱いに戸惑っている。
他人が気になることなんて多々あるし、
自分では気づかないままに、プライド全開になっていそうだ。
「まあ、それでもいいんじゃない?」と、自分に都合のいい声がする。
 
大切なことは、今に満足して楽しく過ごすことだと思う。
自分のために。
過去を振り返っていても何も変わらない。
未来のためには、ちょっと頑張る。
もう若くないので、ちょっと頑張るだけにしよう。
この先は、そうやって生きて行けたら、最高なんじゃないかと思う。


*そのまま載せたら読みにくかったので、たくさん改行を入れました。
 ブログ用の文章の形があることに、今更ながら気づきました。


EDIT  |  16:46  |  生活  |  Top↑

2022.03.16 (Wed)

ヤキモキ

春が勇足でやってきた。
週末辺りには、少し後退するらしい。

春は、いつもそうなんだなぁ。
ヤキモキしているうちに、気がつくと桜がわーっと咲きだす。
嬉しいんだけど、少し淋しい。
置いてきぼりの気持ちになる。


先月、3回目のワクチンを打った。
熱は2回目よりも軽かったけれど、倦怠感が2日続いた。
辛くなると分かっているワクチンを、
これからも継続的に受けなくてはいけなくなるのか?
予防できるワクチンが開発されたこと自体、
感謝しなければならないことなんだけれど。



やっと、留学生の入国が始まった。
どれだけ学生が、どのくらいの時期に入って来られるのかは、
どの学校も、現時点では読めない。
とりあえずは、
未入国者と入国者が入り混じった状態でクラス編成がされて、
授業も、オンラインクラス、対面クラス、混合のクラスと
形態も、その時期も流動的なままだろうな。

非常勤講師が待機状態になっている状況で、
有難いことに声を掛けていただいて、
オプションクラスをいくつか担当させてもらっている。
学生は、日本に滞在している会社員やその家族、
海外の日本語学習者である。
対面クラスとオンラインクラスの両方のクラスを担当しているが、
どちらの学習者さんも熱心で意欲的なので、
久しぶりに授業を作る楽しさを実感している。


仕方なく日本語を勉強している留学生や、やる気の失った留学生、
ある程度で満足して学ぶことを止めた留学生たちを前に
自分の不甲斐なさに凹み、沈んだ日々は、
もういいかなと思ってしまう。

私はよく「やさしい先生」と言われる。
そう言われると複雑な気持ちになる。
私は、学生に甘いのではないか。
学生とちゃん向き合わず、逃げているんじゃないか。

でも、どうしても厳しくできない私がいる。
それぞれ、どんな学生でも日本で頑張ってると思うから。
文化も言葉も異なる異国で暮らすことは、相当なストレスだ。

日本語ができるようになることが、
彼らの未来に繋がる思っていたけれど。
それは、私の傲慢なのかもしれない。

できることは、寄り添うことだけなんだよな。

日本語学ぶ人たちが、幸せになるためのサポート。
うん、それを目指そう。




テーマ : いま想うこと ジャンル : 日記

EDIT  |  13:28  |  生活  |  Top↑

2021.08.11 (Wed)

2回目ワクチン接種・余白


先週、コロナワクチンの2回目の接種を終えました。
予想通り、熱が出ました。
健忘録として、ここに書いておくことにします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
お昼前の接種後、帰宅してしばらくしたら眠気と倦怠感が出てきた。
ソファで横になる前に、カレーを作る。
巷の情報では、夜から熱が出て、
もしかしたら翌日も続くみたいだったので、
カレーは今晩と明日の晩の夕食用。

夕方近くには頭が少し痛くなってきた。
薬は、熱が出てから飲もうと思っていたのでがまんする。
夕飯後は、シャンプーする元気がなかったので、
シャワーで汗を流してベッドに入る。
水筒に冷たい麦茶と冷えピタと、
体温計とロキソニンを枕元に用意した。

暑いのに、扇風機の風があたると「ぞっく」と寒気がして寝付けない。
日付が変わる前ごろに、熱を測ると38度近くになっていた。
ロキソニンを飲んで水分補給をし、冷えピタを貼る。
しばらくしたら寒気が治まってきた。
それでも熟睡はできず、うとうとしながら夜明けを迎えた。
熱を測ると、37度前半。
熱っぽいけど、薬は飲まないことにする。
その後少し眠ったようで、
9時頃に目が覚めたときは熱は下がっていた。

その後は熱は出なかったが、関節が1日痛かった。
ごろごろと寝てばかりで動いてないからかなと思っていたが、
次の日はすっきり治っていたので、これも副作用だったように思う。

ワクチンを接種した腕の痛みは、
1回目より早く痛くなったが、痛みは軽かった。
ただ、1回目より広範囲で赤く腫れた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



接種し終えて、やれやれという気持ちが強い。

副作用については、怖い噂も流れているけれど、
これから数年先の副作用の有無を、確証できる人なんていないだろう。
これからの年数が短いわたしは、
迷いなく今のために接種を決めたけれど、
これからの若い年代の人は、不安の方が大きいと思う。

「50年後の保証が確定しないままでは、ワクチンを打ちたくない」
とテレビで言っている人たちがいたけれど、
今の世界が50年後も存在しているのかと、少し不安になる。

存在していても、
今以上にウイルスと共存しなければならない世界に
なっているんじゃないだろうか。

「ワクチンパスポート」が絶大なものに変わっていないだろうか。

「ワクチンパスポート」は接種を証明するものだけれど、
もちろん接種ができない人のための証明書にもなるだろうから、
その人たちの安全確保のためにという大義名分と重なって、
「ワクチンパスポート」の力が増大していくような気がする。

「喫煙席」と「禁煙席」が
厳格に分かれるようになって広がっていったように
「ワクチンパスポート」が世の中の全ての場所を
線引きするようになるかもしれない。

白か黒か、◯かXか。

それは、現在のSNSの世界と酷似している。
二者択一だけの世界。
余白がない世界。


親しい人を会えない時間が長くなると
余計なことを考えてしまう。 
わたしの心も
余白がなくなってきた。



EDIT  |  15:17  |  生活  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT