2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2012.02.07 (Tue)

達郎さん。。。


達郎さんに逢ってきた。
もう…何年ぶりになるのだろう?
たぶん…20年以上。

達郎さんの歌で青春時代を過ごした。
だから、達郎さんの歌には、たくさんの想い出がくっついている。
楽しかったこと…悲しかったこと…辛かったこと…

自然と、あんまり聴くこともなくなって…

それが、2年前あたりから急に聴きたくなって。
どうしてかは分からないけど。

昔を想い出してというより、
達郎さんの声が心地よくて、曲が好きで、
ただ、純粋に気持ちよくて。

だから、達郎さんに…
久しぶりに逢いに行こうと思った。

でも、コンサートが近づくに連れて、なんだか不安になって、
前の晩には、行きたくなくなってしまった。
出掛ける前には、雪も降ってきて泣きそうになったんだけど、
席を空けてしまうのは、達郎さんにすごく失礼だと思ったから、
重い気持ちを引きずるようにして電車に乗った。




達郎さんは、もうコンサートをして37年にもなるらしくて、
膨大な曲数の中から歌う曲を選ぶのは、大変な作業だって言っていた。
だから、当然20年以上も歌ってない曲があるわけで。
歌ってくれた曲は、私の大好きな曲だった。
生で聴く、大好きな歌…

私にとって、とても心に残るコンサートになった。


コンサートの間中、ずっと泣いていたような気がする。

うれしいのか、悲しいのか、懐かしいのか、辛いのか…
何が何だか分からないんだけど、ただ胸が一杯になって…


達郎さんは変わってなかった。
ひょうひょうとした話し方。
でも、暖かくて面白くて。
アカペラのパフォーマンスも同じで、
舞台のセットがお芝居風なのも同じ。
声の張りも、こだわりも。

ほっとして…
そして、うれしかった。

でも、やっぱり、すべてが同じじゃない。

昔の曲と今の曲は違う。
達郎さんも言っていたけど、作りたい曲も変わってきた。
そして… 観客の年齢層も変わった。

あの頃から、みんな同じだけ歳を重ねた。

コンサート会場の一人ひとりの人が、
達郎さんも含めて、きっと色んなことがあった。

みんなそれぞれが、それぞれの人生を歩いてきた。

今回のコンサートのパンフレットには、達郎さんの、
歌詞にスポットを当てた各曲の回想録が載っているんですが、
それは、まさに達郎さんの青春の軌跡で…


私は今、あの頃の未来に立っている。
想像することも出来なかった遠い未来に。






柄にもなく、最近凹みぱなしの私は、

ワクワクするような未来がなくなった歳が悲しくて。

今まで生きてきた人生の意味が分からなくなって。

流れに乗ると言うより、流されるままになってた時もあったし。

自分が分からなくたって、自身もなくなって。




でも、達郎さんが… 
やさしく、背中をなでてくれた…


うん。
私、がんばって、生きてきたよね。
私、ちゃんと、生きてきたよね。


人は、一人で生まれてきて、死ぬ時も一人。
寂しくて孤独を感じるのは仕方ない。
私は、一人だもの。

だから、人は、めぐり逢った人を愛おしく思うんだ。

大切に大切にしていこう。
大切に、大切にすることが、生きるという意味なのかもしれない。



ムリをしないで…流れにまかせて…

でも… 流されないで、生きていていこう。



関連記事
スポンサーサイト
EDIT  |  17:28  |  生活  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

*Comment

■ご無沙汰です☆^^/

ご無沙汰しております!^^/
山下達郎さんの歌って、爽やかですね☆
私も、香港にきてから、この先どうなるのか、とっても心配になります。
一度落ち込むと、連鎖反応で、色んなやな事とか、思い出して、
ドツボにはまってみたり。^^;
でも、娘からのメールや、絵日記をみると、娘の為に仕事せにゃ~!
落ち込んでられっかぃ!って、立ち直れます☆

私は、引っ越しましてブログを新しくして、
バリ島のブログを自分で保存する事にしました☆
これからも、どうぞ宜しくお願い致します♪♪
【香港おのぼり日記】
http://kaoruko3dayo.blog.fc2.com/
kaoruko |  2012.02.25(土) 14:39 |  URL |  【コメント編集】

Twitterの方でも更新が途絶えていたので、少し心配していました。
お元気そうでなによりです。

先のことを考えると、年齢的に不安なことばかりですよね…
取り敢えずは今を見つめようと、最近開き直ったところです(^_^;)

離れているのは淋しいと思いますが、娘さんからの連絡がたくさんあっていいですね。
ハルミズキ |  2012.02.28(火) 15:11 |  URL |  【コメント編集】

■わぁ~い

コメント欄復活だぁ~。。。と喜んじゃってます

凹じゃうことっていっぱいありますね
自分が思い描くように毎日は送れないです

生きてると悲しい事、苦しい事の方が多いのかもしれないね
でも嬉しい事も楽しい事もあるから。。。
何とか気を持ち直してやっていけるのでしょう

ハルミズキさん。。。頑張って生きてますよ
自信を持って下さい
とても素敵な女性だと思ってます

私の周りの50代、60代の女性が私よりめちゃくちゃ元気なので。。。
私もその年齢になったら元気になれるのかしら???
なんて思ったりしてますが。。。(笑)

あんまり構えないで生きましょうよ
とまる |  2012.03.04(日) 20:55 |  URL |  【コメント編集】

コメント欄は、何故か今回開いてますw
途中で閉じれないみたいで…
でも、喜んでくださったから、私も嬉しいです。

学校も終了して燃え尽くし症候群になってます。
子育ても一段落したでしょう…
男の子二人なんで、巣立っちゃったら離れたまんまになると思うし、な~んか私の人生ってなんだったんだろう?なんて、変な気持ちになるんですよ。
もちろん、子供を持つことが出来て幸せ一杯の時を過ごせたし、子供は本当に大切でかわいい。
結婚生活も子育ても、大した苦労は全然してないんで贅沢な悩みだとは分かっているんですけど…

とまるさんは、私より随分と年下だと思いますが、とても懐が深くて温かくて尊敬です。

手術、がんばってくさいね。
母も同じような手術をしました。
お腹を切らなくてよかったんで、術後が楽そうでした。
でも、無理はなさらないで下さいね。
陰ながら、お祈りしています。




ハルミズキ |  2012.03.05(月) 17:45 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |