2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2011.12.25 (Sun)

サヨナライツカ


学校がない週末…
のんびりと、そして、少し手持ち無沙汰…

きっと、すこしずつ慣れて、
しばらくしたら、普通の日常になっていくんだろう。

慣れなくても、やがて慣れていくのが、人だから。




手持ち無沙汰に、以前に読んだ本をまた読んだ。


サヨナライツカ (幻冬舎文庫)サヨナライツカ (幻冬舎文庫)
(2002/07)
辻 仁成

商品詳細を見る



読むと、色々と考えせられる本。
職場でも、読んだ子達と話題になった。
以前に読んだ時の記事

「人間は死ぬとき、愛されたことを思い出すヒトと愛したことを思い出すヒトとにわかれる。」

この物語の沓子という女性は、
「愛したことを思い出す。」と言う。


最初に読んだ時は、この沓子のように、
愛したことを思い出す方が、情熱的ですてきだなって思った。
だから、私も、そうありたいと思った。

でも、
そう言えるのは、沓子のように生きた人だけかもしれない。
私は… 自信がなくなってきた。

私の愛は、プライドと自己愛と独占欲だけなのかもしれない。

私は、ふわふわしているところがあるから、
すぐに、いいなと思ったりするんだけど。

でも、好きになるのは、ゆっくり。
ゆっくり、好きになっていく。
そして、だから…
いつも、たくさん愛をもらって、好きになっていく。

好きになってもらって、好きになるのかもしれない。

そして、恋は楽しいんだけど、
愛は、どうなんだろう。

私は、沓子のように、純粋に、
男の人を、愛したことがあるんだろうか。
ちょっと、自信がない…






関連記事
スポンサーサイト
EDIT  |  23:23  |  生活  |  Top↑
 | BLOGTOP |