2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2011.12.10 (Sat)

言葉。


今日の朝刊に、
落合恵子さんと天野祐吉さんのコラムが載っていた。
お二人が書く文章が好きで、
そして、文章から溢れれているお人柄が好き。

天野さんは、谷川俊太郎さんの言葉を載せていた。
「言葉に誠実であることが人に誠実であることだ」

落合さんは、
「言葉は、人をズタズタに傷つけもするけれど、
傷ついた心を抱きしめてもくれる」

コラムの題材は、
震災後の年賀状のことなんだけど。



私は、ちょっと違うことを考えてた。
お二人の言わんとしていることとは、
全然離れているんだけど。


言葉に誠実であるということは、どういうことだろう。

誠実な言葉は、
時には、ナイフになる。
人をズタズタに傷つける。

でも、
傷ついた心を抱きしめてくれるのは、
たぶん、誠実な言葉だ。
でも、
誠実な言葉だけじゃない。

例えば... 嘘。
優しい嘘。
優しさが詰まった嘘。

嘘だと分かっていても、
その優しさに、救われる時もある。

傷つく時もあるけど...


人に誠実であるということには、嘘も含まれるのかなぁ。


言葉が付けた心の傷は、跡が残る。
ずっと、消えない。

時々、言葉が怖くなる時がある。

私の言葉は、ナイフになってないかな。
誠実と、嘘を、ちゃんと使えてるかな。









関連記事
スポンサーサイト
EDIT  |  19:27  |  生活  |  Top↑
 | BLOGTOP |