2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011.03.27 (Sun)

踏み板・・・。


来週辺りからやっと、暖かくなるそうです。
よかった・・・。

3月11日からの日々は、
自分の身の回りから遠く離れている分、
なんだか、夢を見ているような気分だった。

恐ろしくて、怖くて、心が痛んで、
たくさんの思いや思考が心に溢れるのだけど。
それでも、夢の中を歩いているみたいだった。

真面目に勤勉に歩んできた日本。
がんばれば、がんばるほど、がんばっていても、
よその国に悪口を言われていた日本。

そんな日本に、大惨事が起こった。
皮肉なことに、今は、よその国からたくさん褒められている。

私は、夢のようにふわふわしながらも、
理不尽さに心が凹み、
どうしていいのか分からずさ迷っていた。

やっと、落ち付きが戻ってきた。

今まで以上に、自分の日常、人生を大切に生きようと思う。
そして、継続して、寄付をしていこう。
それが、今の私の出来ること。
いつか、他に出来ることが見つかったら、
そしたら、その時にしていこう。
焦らずに、長期戦でいこうと思う。


こんな気持ちでいたら、
今朝、新聞で出逢った、ミッフィーは、泣いていた。

OSK201103260152.jpg
                       →関連記事




新聞の読者の欄に、
阪神淡路大震災を経験した女性が、
「当時は、身の回りの大変なことをこなしていくのに精一杯で、
泣く暇なんてなかった、泣いている場合ではなかった。
でも、あの時に、悲しみを封印して、
思いっきり泣いて悲しまなかったから、
今でも、心に大きな塊が残ったままで苦しい。
だから、被災者の方、思いっきり泣いてください。」
って言うようなことを、綴っておられました。

人を元気付ける、笑顔がこぼれる絵も大切だけど、
こんなミッフィーの涙も必要なんだと、はっとさせられた。

跳び箱を飛ぶ時は、思いっきり踏み板を踏んで、
ちゃんと沈まないと、高くジャンプできない。
そんなことを、ふと、思ったのでした。

関連記事
スポンサーサイト
EDIT  |  13:52  |  生活  |  Top↑
 | BLOGTOP |