2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2010.01.30 (Sat)

20代の頃は・・・。


1月も、明日で終わり。
毎年1月は、なんだか長く感じます。
お正月なんて、ずっと前のような気がします。

昨日は、職場の20代の子が、
同僚の友達との距離感で悩んでいました。
近くなればなる程、ちょっとした問題が出てきます。
それは当然なことで、出てこないことの方が不自然だと思う。
それは、友達同士でも、恋人同士でも・・・。
悩むということは、ちゃんとその人と向き合っているということー。
相手のことを理解したくて、自分のことを分かって欲しくて、
そうして、ぶつかり合いながら、
それでも、分かり合えないこともあることに気付いて。
傷つけたり、傷ついたりして、
そうして、心を深めていくような気がします。
彼女は、とてもやさしくて大人な子なんで、
私は、ただただ聞いていたんですが、
彼女を見てると、自分の20代の頃が恥ずかしくなります。
私は、人を傷つけてばかりいたな・・・。
少し、考えさせられた日でした。



やっと、読み終えました♪

Nicholas Sparks
Grand Central Publishing
発売日:2002-07-01

YL 6.5 91,840語

マイルズは、2年前、妻が車にひき逃げされて死んだ日から、人生はもう終わったように感じていた。
ニューバーンという町の保安官補である彼は、悲しみを引きずりながら、ひき逃げ犯人を逮捕することに執念を燃やしていた。
そんな時、マイルズはサラという女性と出会う。
彼女は、彼の息子ジョナの担任で、苦しい離婚を経験した後ニューバーンで新しい生活を始めていた。
まもなく2人は何年かぶりに声をあげて笑い…そして恋に落ちた。
しかし2人とも、おたがいがある驚くべき秘密によって強く結びつけられていたとは知るすべもなかった。
今万で読んだこの著者の作品の中で、一番よかったです。
ジョナの純粋無垢な言葉が、愛おしくてかわいい。

   (現在の総語数: 2,224,841語)

やっぱり、読み終えるのに1ヵ月以上も掛かってしまいました。
この作者の本は、4冊目ですが、
(関連記事→「Notebook」「Night in RODANTHE」「Message in a Bottle」
この本が、一番よかったです。
でも、恋愛小説は、ちょっとお腹一杯になってきました。
さーぁて、次は何を読もうかなぁ・・・。


 

 ー昨日の学習記録ー

  ☆ 多読   2時間



関連記事
スポンサーサイト
EDIT  |  14:43  |  level 6  |  TB(0)  |  CM(12)  |  Top↑

*Comment

■こんばんは~

相当遠い昔になった20代だけど,
あの頃は,少しも相手の気持ちとか考えなかったな~
でも,数々の失敗のお陰で,
嫌な気分にさせられても,その背景に何があるんだろう??
とか,考えるようになって,今は,理解できない部分はあるとしても,
人そのものを嫌いと思うことはなくなった。
年とって良いこともあるってことかな?

とうとう,読み終わったんだね~
最近は,教材で満腹なので,恋愛ものでも,読んでみようかな??
読みやすかった??
oct14th |  2010.01.30(土) 20:32 |  URL |  【コメント編集】

■こんばんは

20代か~。遠い遠い昔ですね(笑)
大学卒業までは私にとって「輝ける時代」だったのに、あっという間に結婚、出産子育てと続いて自分を見つめる暇なんてなかったな~。

もう本読んじゃったのですね。早いな~、私も頑張らねば・・・
愛 |  2010.01.31(日) 00:02 |  URL |  【コメント編集】

■oct14th さま

私の20代の頃は、相手のことを考えているようで、実は、自分のことばかりで、わがままし放題だったんですよね。
周りの人達がみんな、やさしくていい人達ばっかりだったんです。
やっと、今頃になって気が付いたんですが、気付くことが出来てよかったです。
年を重ねた結果です?!

この作者の本は、どれも読みやすかったです。
でも、全体的には女性向きかなぁ?
上の本は、読んだ中ではサスペンス感も少しあって、男性でも楽しめそうかなぁ?
始めの方は、少しだらだらしますが、そこを抜けるとどんどん読めました。
教材からの一息には、いいかも♪
ハルミズキ |  2010.01.31(日) 10:30 |  URL |  【コメント編集】

■愛 さま

そうですよねぇ~。
はるか遠い昔になってしまいましたw
女性は、就職、結婚、子育てと、目まぐるしく環境が変わりますものね~。
あっという間に、40代??

愛さんは、とーっても頑張っておられるじゃないですかぁ~♪
私も、ピー単やらなければ。
ハルミズキ |  2010.01.31(日) 10:35 |  URL |  【コメント編集】

20代のハルミズキちゃんって
そんな風だった?
私には気遣いの出来る優しい人って印象だけど・・・
おばちゃんになった今の自分と比べるのは無理があるある(笑)

でもそうやって職場で若い子から相談されるのは嬉しいよね
年上の人のアドバイスは頼りになるもんね
さくら@ |  2010.01.31(日) 18:03 |  URL |  【コメント編集】

20代のころは、自分の世界も狭いので、いろいろなことが大変なんですよね。
年齢を重ねるってありがたいことだなー、って、すごく思います。今、20代~30代前半のころの自分を語れといわれたら、赤面して逃げます!ピウー(恥ずかしー)一生懸命は一生懸命だったのですけれど(^^)

でも、その方もハルミズキさんが相談に乗ってくれて、嬉しかったことでしょう!お話を聞いてもらう、という課程で、自分なりに考えを整理できることって多いですから、ひたすら聞いてくださる方の存在は有難いものです(^^)
うろこ |  2010.02.01(月) 08:51 |  URL |  【コメント編集】

■さくら@ さま

あら、そんな風に思ってくれてたんだぁ♪
でも、おばちゃんになった今の方が、もっといい人ですw

若い子と話ていると、とても楽しいのよね。
気持ちが若返って、明るくなるのよん(*^^)v

ハルミズキ |  2010.02.01(月) 14:06 |  URL |  【コメント編集】

■うろこ さま

年齢を重なることって、ありがたいことですよね。
振り返って、少しでも自分に成長があると感じられるのは嬉しいことです。
うろこさんは、私よりずっとお若いですが、なんだかお姉さんみたいで。
心のひだが深いというか・・・。

相談してくれた子は、とてもしっかりしたやさしい子なんで、ただただ聞くことに専念したんです。
口を出したら、おっせかいをしそうなんでね(^_-)-☆


ハルミズキ |  2010.02.01(月) 14:14 |  URL |  【コメント編集】

ハルミズキさん、こんばんは~
今年もサクサク多読を進めてみえますね!すごいわ☆

>同僚の友達との距離感

10代や20代は、人間関係に悩む時期ですねー。
私は傍若無人な若者だったので(w)、あまり悩んでこなかったのですが、今振り返れば、ハルミズキさんが書かれたように「人を傷つけてばかり」だったのかもしれません…。
三十路の今は、ますます図々しくなっちゃっいましたが…w。

今の若者は周りに気を使う人が多いような気がしますイメージですが。
気を遣いすぎて、疲れちゃわないといいですね!
ぶつかりながらも、相手や自分自身が分かってきて、いつか「人は人、自分は自分」になるかな?!

ハルミズキさんのような良き相談相手がみえるので、後輩サンも心強いと思いますよ~♪
cappuccino |  2010.02.02(火) 22:29 |  URL |  【コメント編集】

■まるで昨日の事のように…

20代、まるで昨日の事のようです。
結婚したのが早かったので、それからは崖を転がり落ちるように(!?)時間が過ぎてしまいました。
私は、どちらかと言うと、向き合えないタイプでしたね。ぶつかって傷つくくらいなら、ささっと離れよう…って。
はい、それでも子供を産んでからは、神経のずぶといおばちゃんになってしまいました。
ハルミズキさんのブログを読みながら、そんな変身を遂げた自分に反省してしまった私です。(笑)
Miwa |  2010.02.04(木) 08:40 |  URL |  【コメント編集】

■cappuccino さま

年をとると、色んな意味で強くなりますね。
若い心は弱くて脆いので、ガードしたり、見栄をはったりー。
まぁ、強くなった分(図々しくもなったとも言う?!)、そのお陰で、周りが見えるようになりました。

そうですね。
今のこの方が、繊細なのかも?
男の子も女の子も、物分りのいいやさしい子が多いような気がします。
ハルミズキ |  2010.02.04(木) 17:28 |  URL |  【コメント編集】

■MIwa

結婚されたのが早かったんですね。
結婚してからの方が、たくさんの変化があるんで、時が経つのが早いですよね。
女性って、子供を産むと、断然強くなりますよね。
私も、神経が強くなりましたw
ハルミズキ |  2010.02.04(木) 17:34 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |