2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2008.04.20 (Sun)

アリのようにサボる??

あまりにも、汚い次男の部屋を片付けていたら・・・。

アリを、飼育するセットが出てきました。
透明なプラスチックで出来ている厚みのないケースで、
特別な砂(白くて粒が粗い)を入れて、
アリの巣を観察するものです。

アマゾンで検索したら、
砂がジェルに変わってましたが、似たようなのがありました。

アリ飼育セット アリ伝説2 三次元あり観察 アリの巣観察アリ飼育セット アリ伝説2 三次元あり観察 アリの巣観察
()
不明

商品詳細を見る


小学生の頃に、ホームセンターで見つけて、
あまりに欲しがったんで買ったんですが、
結構、大人もはまりました。

本当は、アリの巣別れの時期に、
女王アリと一緒に捕獲して飼育するのですが、
もちろん、そんな本格的なことは出来ないんで、
庭で見つけたアリを数十匹捕まえて入れてました。

アリたちが、巣を掘っていく作業を見るのはとても面白くて、
眺めていると、2、30分なんてあっという間。
そして、あることを発見。
アリって、働き者のイメージがないですが?
ところが、休憩してるんですぅ。
というか、さぼってる?
後ろ足を投げ出して座って、
前足で触覚を手入れしてたりしてて、
いっこうに、働く気配なし。
そんなことをしているアリが数匹ー。
穴の中でサボっているアリの横を、
働き者のアリが、せっせと掘り出した砂を運んでいきます。

アリに目印を付けたわけでもなく、みんな同じに見えるので、
怠け者のアリなのか、順番に休憩をしているのかは定かではありませが。

次男が調べたところ、
怠け者のアリを除くと、また新たになまけ者が出現するらしい。
常に、働きアリの70%ぐらいしか働かないそうです。
面白いですねー。

人間のように、損得の感情は持っていないので、
これも、自然の摂理なんでしょうか?
効率重視の仕事より、
自分達のペースでの仕事量をこなす知恵なのでしょうか?
余裕を持ってということかなー?
エネルギーを貯めているのかなー?

世の中って、効率効率で、
せっせと働いても、その早くできた分休憩するわけじゃないんですよね。
競争の世界では、ある意味仕方ないですが・・・。

なら、せめてプライベートは、
アリのように、余裕を持つことが大事ですね。
休憩ばかりでも、だめですがw

多読は、ただいま少し停滞中ーーー。
余裕を持って、ここらでエネルギーを貯めなさいってことかなぁ?


ご訪問ありがとうございます(*^_^*)

クリックして頂けたら、とても励みになり嬉しいです。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ みんなの英会話奮闘記
関連記事
スポンサーサイト
EDIT  |  13:53  |  生活  |  TB(0)  |  CM(12)  |  Top↑

*Comment

■ありの社会

あり社会と人間社会って似てるんじゃないですか。人間社会でも同じような現象があるとずっと以前に感じたことがあります。
さぼる・・と言わずにぼちぼちやっていると言ってくださいな~
ごまちゃん |  2008.04.20(日) 14:08 |  URL |  【コメント編集】

■充電は良いこと

自分の本能に素直な方が,きっと良い結果になると思うよ。

そういえば,確か養老さんの本だったと思うけど,その本には,ちゃんと働いてる(=サボる,ではないのだと思うけど)のは蟻でも人間でも2割って書いてたよ。

人間社会で,よく働く2割だけで組織を作っても,8割は働かなくなるって,趣旨は,だからと言って,働かない人を責めず,働いている自分が目立っているのは,その人のお陰と思うことが大切ということだけどね。

物事の良いところだけ集めていけば,楽しいよね。俺は充電大好き,やっぱ8割組かな。。


oct14th |  2008.04.20(日) 16:50 |  URL |  【コメント編集】

ハルミズキさん。こんばんは。

アリ飼育セット我が家にもありますよ。我が家のは、長男が使っているのですが、たまに興奮した声で、「巣が大きくなっている」と言って見せにきますね。先週は鈴虫飼育セットを新しく始めたんですが、子供たちが夏休みに帰省している間、誰が世話するんだろうなと思うと、少し気が重くなってしまいますね(笑)。

アリの社会の話はとても面白いですね。自然の知恵のような気がします。みんなが精一杯がんばって、みんな同じ時期に気持ちが切れてしまったら、組織としては大変ですからね。頑張っている人もいれば、休んでいる人もいて、でも、頑張っていた人が休みたいと思うときには、休んでいた人が頑張って、組織全体としてはそちらの方が効率とバランスがいいような気がしますね。

私もゆとりと休憩はとても大事だと思いますよ。
ウェーバー |  2008.04.20(日) 20:51 |  URL |  【コメント編集】

こんばんは。こういうものが売っているんですね。
私は子供の頃に、学研の「かがく」と「がくしゅう」をとっていて、その付録に飼育セットがあったので、飼ったことがあります。透明の容器に白っぽい砂を入れた記憶があります。付録が楽しみで肝心のことをやってなかったですv-390
Lily |  2008.04.20(日) 22:33 |  URL |  【コメント編集】

わぁ!
そのありの巣セット、欲しいわぁ!
じっとありの様子を見ていたい。
ありの中にもキリギリスがおるねんね。

砂がジェルに変わってる!?
ありも災難かもね。

次男くん、よく観察したね♪
さくら@ |  2008.04.20(日) 23:27 |  URL |  【コメント編集】

ありの巣セット!!そんな物があるなんて!!知りませんでした!楽しそ~う!!

 子供の頃にありを集めて、砂を入れた虫かごにせっせと砂糖を入れて飼おうと思いましたが、全て出て行ってしまった事を思い出しました(笑)馬鹿ですね(笑)今思えば当たり前ですが^^;蟻の観察って楽しいんですよね~!!! 

 でも!ありの中に怠け者が居るなんて(笑)かなり驚きです!!後ろ足を投げ出して座るなんて(笑)見てみたい!!

 ずーっとがむしゃらに働き続けるではなく、少し休んで、充電して自分も周りも見渡せるくらいの余裕が必要ですよね^^ そんな時にひらめいたり、何か見つけられたりする事もありますもんね!! 

 なんだか子供の頃に帰ったような気持ちですv-353 次男君の観察に感謝です!!!!

 ポぅチポチ♪

 リンクさせて頂いても良いですか???

 
haz-kichi |  2008.04.21(月) 10:39 |  URL |  【コメント編集】

■ごまちゃん さま

そうですねー。
サボるといる言葉は、よくないですねw
心にちょっと、ぐさっっとくる??

ぼちぼちやっておりますw
ハルミズキ |  2008.04.21(月) 17:33 |  URL |  【コメント編集】

■oct14th さま

2割ですかぁー??
ちょっと、驚き!!

それじゃー、がんばる気になれない時や、ちょっと休憩してたりしても、
全然、大丈夫ですね。
充電たっぷりして、たまーに2割組みに仲間入りしながら、
ぼちぼちやることにします(^<^)
ハルミズキ |  2008.04.21(月) 17:38 |  URL |  【コメント編集】

■ウェーバー さま

長男さん、かわいいですねー。
うちも、小学生ぐらいの頃までは、色んな生き物が玄関に並んでましたw
常に飼育箱が5,6箱あったんですが、今は亀のみになりました。
そうなんですよねー。
結局世話するのは、お父さんになります。
死なせたらかわいそうなんで、ついつい、一生懸命にー。

自然の摂理って、ほんとうにすごいですよね。
ゆとりと休憩、大事なことですね。
ハルミズキ |  2008.04.21(月) 17:46 |  URL |  【コメント編集】

■Lily さま

学研の「かがく」と「がくしゅう」、懐かしいです。
私は、付録で買う方を決めていましたw
なーんか、ワクワクするんですよね。
実験結果より、道具を使って何かすることに。
ハルミズキ |  2008.04.21(月) 17:50 |  URL |  【コメント編集】

■さくら@ さま

じーっと、アリを見ていると楽しいよー。
しぐさがかわいいの。

うーん、ジェル版ってどんなんだろうね??
掘り出したものを運ばなくていいのか?
それとも、削っていくのか?

次男は、虫博士なのよー。
ハルミズキ |  2008.04.21(月) 17:55 |  URL |  【コメント編集】

■haz-kichi さま

haz-kichi さんって、アリを集めたことがあるんだぁーw
子供の頃って、好奇心一杯ですものね。
アリのお座り(?)かわいいですよ。

うちは男の子2人なんで、私としては未知の世界を経験させてもらってます。
色んなものを捕まえてくるんですw
苦手なんで触れないんだけど、観察するのは面白いです。

そうですねー。
余裕から、ひらめきや発見があるんですよね。
うーん、深い・・・。

リンクの件、もちろんOKです♪
大歓迎です。
私も、リンクさせてくださいね(*^_^*)

ハルミズキ |  2008.04.21(月) 18:09 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |