2012年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2012.06.10 (Sun)

眠れぬ真珠。


ご無沙汰してます。

私にとってブログは、心を言葉にして吐き出す所で。
(始めた頃は、英語学習の記録とモチベーションのためだったけど)

心が溢れて一杯になったら、
その溢れた心を言葉にしていく。
それは、とても心が落ち着く作業で。

音楽を聴いたり、本を読んだり、
針仕事とかの細かい作業をしている時も、
心が穏やかになって、好きな時間なんだけど。

心を言葉にしていく作業は、
受ける作業じゃなくて、渡す作業。
それは、伝える作業。

最近、心が溢れなくて、
それは、無気力な気分になっているのが原因なんだけど。



やっと、溢れた…

この本を読み終えて…


眠れぬ真珠 (新潮文庫)眠れぬ真珠 (新潮文庫)
(2008/11/27)
石田 衣良

商品詳細を見る



実は、ずっと以前に買っていた本。
石田衣良さんの本が読みたくて、他の本と合わせて買った。
でも、主人公の咲世子とは歳が近いだけで、
独身で自立した女性、17歳も年下の男性と恋に落ちる、と、
私とは全然違うので、感情移入出来そうになくて、
暫く、本棚で眠っていた。

読み出したら止まらなかった。
私とは、まったく違う人生だけど、
女としては、同じ。


咲世子は、彼に嘘をつく。
それは、相手のことを思ってのやさしい嘘なんだけど。
でも、それは、ナイフのように傷つける嘘。

心は、傷ついたら跡が残って消えないから、
ドキドキして苦しくなった。

嘘がだめだとは思わないけど、
ちゃんと向き合わないとだめだと思う。
傷つける嘘は、どんなに思いがこもっていても、だめだと思う。

そんなことを思いながら読み終えて、
心が、少し軽くなりました。


「女はね、二種類に分かれるの。ダイヤモンドの女とパールの女。
 光を外側に放つタイプと内側に引きこむタイプ。」


若いころだったら、ダイヤモンドがいいな。
今はね… パールになりたい。









スポンサーサイト
EDIT  |  00:41  |  生活  |  Top↑
 | BLOGTOP |