fc2ブログ
2024年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2024.03.20 (Wed)

ホップ・ステップ

3月

昨日は、教えているクラスの最後の授業日でした。
学期終わりは淋しいもんですが、3月の学年終わりは格別です。
今期は卒業クラスだったので、尚更。

学生達から、お花やお菓子をもらいました。
みんなでお金を集めて、買いに行って、選んで、その一つ一つの行為がうれしい。

ホップ・ステップ・ジャンプ!

彼ら彼女たちにとって、日本に留学に来たことがホップ。
日本語学校は、いくつかある最初のステップなんだろうと思う。
日本語学校を卒業して、大学へ行く人、大学院に進む人、専門学校で勉強する人、働く人……
次のステップを歩み始める、ジャンプを目指して!

彼ら彼女たちの人生に、少しでも関われたことをうれしく思う。

あったかくて、やさしい笑顔に、いつも元気付けられていた。

あ〜あ、やっぱり3月は苦手だ。


チューリップ  花 お菓子


スポンサーサイト



EDIT  |  14:19  |  生活  |  Top↑

2023.12.04 (Mon)

気がつけば…


気がつけば、12月になってました。

慌てて、サンタさんを出しました。
な、なんと、この一年、ブログを更新していなかった。


BC811D6E-85BD-45F4-A0D8-F23E09C88499_convert_20231204180134_20231204180343cb6.jpg



2023年、想いが詰まった一年でした。

所属しているサークルで、本を2冊出しました。
サークルのメンバーに、
書籍に関わる仕事に就いていた方いらっしゃって、
その方のご尽力で、少ない予算でりっぱな本が出来上がりました。
感謝、感謝です。

1冊は、大学の卒業論文。
有志だけなのですが、厚さが3cmもある本になりました。
私は、エッセイを書きました。
もう1冊は、掌編小説です。

自分の作品が、本になるのは嬉しいけれど、
なんだか不思議な感じです。

4FFFC02E-CDD4-4ABC-A030-41C89FD05E29_convert_20231204174930.jpg

F163BD93-5251-4465-9D9B-B1A820ED7BC3_convert_20231204175159.jpg




それから……
最愛の父が亡くなりました。
いつも、私の味方で、どんな時も全面肯定してくれた父。
私が全世界を敵にまわすような酷いことをしたとしても、
きっと、父は、いろんな理由を探して見つけて、
父だけは、私のことを擁護してくれただろうと思う。
父のような大きな愛は、もうどこを探しても見つからない。

お父さん、大切に育ててくれて、ありがとう。
お父さんの娘でよかった。
大好きやで。


2024年は、どんな年になるだろう。

「それは、その時に考えたらいい」

父は、よく、そう言っていた。
そうだね。
そうやって、残りの人生を歩いていこう。


EDIT  |  19:29  |  生活  |  Top↑

2022.12.24 (Sat)

挨拶


数年前から
「あと残り○か月だね」とかは言わないことにした。

一年の残りを月日で測らないことにしている。

「もう、○月〜」は言ってしまうけど、まあ、それはOK。
残量は見ない。

もちろん、社会の外で生活をしている訳ではないから
翌日や翌週、数ヶ月先のことも視野には入るけれど。
目線のベクトルは、その月、その日。

そんな風に過ごすことが身についてしまったのか
物忘れが多くなったことも重なって
今年は、クリスマスのグッズを出すのをすっかり忘れていた。

何年も前からツリーは出していないけれど
クリムトの絵をクリスマスのタペストリーに掛け替えることと
細々としたクリスマスの小物を飾ること。
それから、サンタの人形を玄関の上り口に並べることは
ささやかだけど、毎年のクリスマスの模様替えだった。

何もしていないことに気がついたのは、イブの3日前の午後。
面倒なので、今年から飾るのを止めようかと迷ったんだけど
クローゼットの奥のサンタの人形たちには、
挨拶しなくちゃって思った。

一年に一度の出番なのにね。
申し訳ないから、クリスマスが終わっても
しばらくは、玄関に並べたままにしておこう。

E3CA5D28-C255-4CC8-9597-77F486E64E47_convert_20221224200019.jpg


EDIT  |  21:31  |  生活  |  Top↑

2022.09.25 (Sun)

大丈夫。


エッセイ教室ー課題「子故の闇」



久しぶりに五月人形を出した。
いつからだろう。毎年飾らなくなったのは。

息子たちが陣羽織を着て刀を振り回していた頃、
先輩ママに、小さい頃は体がくたくたで、
大きくなって楽になったと思ったら、
今度は心がくたくたになると言われたことがある。
息子たちの世話に追われて自分の時間が皆無だった私は、
その先輩ママが謳歌している自由な時間が羨ましくて、
それでも、早く大きくなってほしいなと思っていた。

少しずつ、心がくたくたになることが増えていって、
そのピークは息子たちの大学受験だろうか。
もう手伝ってやれることはなくなって、
ただただ見守ることしかできなくなっていた。
体より心がくたくたになる方が辛い。

特に、浪人した長男の受験は大変だった。
その中で、少し笑えるエピソードがある。
浪人が決まって自分で予備校を選んで申し込みに行った日、
長男は、申し込み用紙の保護者蘭でペンが止まった。
父親の名前の漢字の一文字に迷ったのである。
確信が持てなかった彼は、代わりに母親の名前を書いた。
彼にしたら、
親の名前を書くのは、それが人生初だったのかもしれない。
それ以降、予備校からの諸々の案内の封筒は私宛になった。
保護者会や面談の際に、担当の先生方が特別やさしく
親身に対応してくださったように思えたのは、
思い過ごしだろうか。

合格発表日、PCの画面で長男の受験番号を探す。
第一志望校ではなく、
昨年は受かっても行く気はないからと受けなかった大学。
滑り止めの大学だ。
ドキドキしながらも少し余裕で二人で画面を見つめる。

うん? ない? えっ? えーー。
「えーー、どうするん」心の声を出してしまう。
「大丈夫やって。本命の○○大学は、自己採点したら合格圏やったから」

子供に大丈だと言わせてしまった。
一番ショックで不安なのは彼だろうに、母親失格である。
長男の言うとおり第一志望校に合格できたのだが、
彼は自分の受験番号は見つけた時、目を潤ませていた。
ここ数日は不安で一杯だったのだろう。
自分の失言が情けな過ぎる。
長男に謝ると、彼は笑っていた。
もしかしたら、母の失言はこれだけではなかったのかもしれない。

子供は親を選べないと言うけれど、もし神様がいるとしたら、
親子のマッチングをしていると思う。
長男も次男もすくすくと育ってくれた。
二人とも大きな苦労をかけることなくやさしい子のままだ。
それはきっと、神様が私にでも育てられるように、
やさしい子どもを授けてくださったのだと思う。

子育てが終わった自由な時間を謳歌しながら、遠い日々を思う。
あの頃の私は、子どもに「大丈夫」なんて言われるな日が来るなんて、
夢にも思っていなかった。


EDIT  |  11:05  |  生活  |  Top↑

2022.09.03 (Sat)

街並み

エッセイ教室ー課題「駅に立つ」


もう十年以上も前だ。
母校の大学祭に、久しぶりにクラブ仲間と行った。

通い慣れていたはずの通学路は、
結婚してから住んでいる所からだと勝手が違って、
大学の最寄り駅に着いたのは集合時間ギリギリだった。

卒業してから二十数年。
同期の女子とは数年に一度ほど会っていたが、
先輩や男子の中には卒業以来の人もいた。
少し緊張しながら、集まっている塊に向かう。

「のんこ〜」
懐かしいあだ名で呼ばれると、一瞬で時が巻き戻る。
側から見ると、
あだ名で呼び合っている中年男女の集合体って異様だったと思うが、
当の本人達はすっかり若返って、
ハイテンションでバス乗り場に向かった。

駅前は、すっかり変わっていた。
地方都市の雑多な諸々がきれいさっぱり流された感じ。
二十年以上経ったのだもの。致し方ない。
車窓から外を眺めながらおしゃべりは尽きない。
バスは、思っていた感覚よりも随分と早く大学前のバス停に到着した。
数年前に、校舎が駅寄りの工場跡地に移転したのだ。
近代的に生まれ変わった大学を見上げる。
おしゃれな外観で素敵だなと思う。

でも、それだけだった。
想い出がないってことは、こう言うことなのだなと改めて思う。
とりあえず、後輩たちの出店を覗きに行く。
彼らの親世代の我ら。
息子や娘のような後輩たちを見て、一瞬で時が今に戻ってしまった。

せっかくだから、
大学のあった場所に寄ってみようということになった。
バスを二駅ほど乗る。
道は広く舗装されていて、みんなでよく通った喫茶店もなかった。
バス停から少し歩いた場所に、大学跡地の石碑が立っていた。
そのこぢんまりとした石に時を突きつけられようで、
みんなでしんみりしてしまった。

帰りは、ひとつ向こうの駅まで歩くことにした。
あの頃、お金の乏しかった私たちは、
住宅街を抜けて駅まで続く川べりの道をよく歩いた。
遠いあの日、
二十分ほど掛かる道のりで私たちは何を話していたのだろう。

住宅街の入り口で、思わず声が上がる。
変わっていないのである。
家々は建て替えられているのかもしれないが、
緑の多い街並みはそのままで、
近道で抜けていた公園は時が止まったままのようだった。
当時付き合っていた彼と、手を繋いで帰った道。
風の匂いがした。

駅に近づくと、みんなの顔がますます輝き出した。
普通電車しか停まらないその駅前は、一昔前の姿そのままだった。
潰れそうだった居酒屋もその風情のままで、
線路の向こうに見える大きなボーリングのピンのさびれ感も同じだ。

私たちは、明日からまた、ブックバンド抱えて大学に通う。
なんの違和感もなく。
街並みに魔法をかけられているようだった。





EDIT  |  19:02  |  生活  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT